「かかりつけ医」ノススメ

公開日: 2011年12月2日

ごあいさつ

河内医師会では、大阪府よりの委託事業として「かかりつけ医推進事業」と「在宅医療協力医推進事業」を全会員が一丸となって強力に推し進めて参りました。近年、医療法・介護保険法の改正がめまぐるしく、医療、介護を取り巻く環境は大きく変貌し、「かかりつけ医」を中心とした地域医師会の役割、分担が大きくなって来ております。

「かかりつけ医」とは、『地域の皆様方の日常生活に密着した、患者さんやその家族が信頼してかかれる行きつけの医師』のことで、患者さんが自発的に選んだ医師を呼称するものです。「かかりつけ医」は必ずしも-人というわけではなく、各科専門医ごとにそれぞれの「かかりつけ医」を選んで頂ければよいのです。もちろん病院に通院されている患者さんでも、近所に「かかりつけ医」を持っておくと非常に有用となる場合も多いと思われます。

かかりつけ医を持つことには次のような利点があります。

  • 行きつけの医師として気軽に受診でき、いろいろな対応ができます。
  • 病気が軽いうちに診療を受けることにより、医療の効果を高めることができます。
  • いつでもかかりつけ医に連絡をとることができ、大きな安心を得られます。
  • 気軽に相談が受けられ、健康管理が行き届きます。
  • 病状によって、他の専門医や病院などへの紹介が受けられます。
  • 必要に応じて往診を受けることができます。

河内医師会では、インターネットを通じて皆様方の「かかりつけ医」になるべき医療機関の情報を提供しております。市民の皆様方には、このホームページが「かかりつけ医」を選んで持っていただく上での一助となり、健康で安心して暮らせるためのお役に立つことを、河内医師会会員一同祈念してやみません。

個人情報保護方針© 2007-2017 Kawachi Medical Association. All rights reserved.