河内医師会9月度学術講演会のご案内/令和2年9月17日(木) 終了しました

公開日: 2020年8月3日

※今回より「木曜日」に開催します

日 時: 令和2年9月17日(木) 午後2時~

場 所: 河内医師会館

演 題: 「当院で診療した肺動脈性肺高血圧症の2例」(20分)
      市立東大阪医療センター 循環器内科 松岡 勇樹 先生
     
     「日常臨床で遭遇する肺高血圧とは?」(50分)
      市立東大阪医療センター 循環器内科 心臓センター長(部長) 市川 稔 先生  

      肺高血圧症は、重症化すれば右心不全から死に至る予後不良な疾患ですが、近年、
      多くの治療薬の登場と治療の進歩により、その予後は改善されてきています。
      予後改善のポイントは、早期発見、早期治療介入ですが、最も特徴的で早期に現れる
      症状である「労作時息切れ」はよくある症状であり、発見が遅れることがあります。
      今回、開業医の先生方と連携し、早期発見できるよう、日常診療に潜む肺高血圧症に
      ついて講演いたします。
    
生涯研修講演会 2単位
カリキュラムコード:12 地域医療
          33 失神 
          43 動悸 
          45 呼吸困難

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止になる場合があります。

個人情報保護方針© 2007-2020 Kawachi Medical Association. All rights reserved.